一生懸命岩登攀
I climb the rock hard
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
カサメリ沢 2017年6月10日(土)
関東地方も梅雨入り、
したはずだけど、ありがたいことに晴れで湿度も低い予報。
今日の条件で登れなければ、封印、または塩漬けにするつもり。

本日の神の手
1便目
ヌンかけ。
2便目
核心、指が穴に入りきらず。
3便目
穴に入ったけど。次のムーブに移行する時に保持しきれず。
あー、もう封印するしかなか…。
名残惜しく、核心のムーブを見直していたら、
トライ当初に少し試してこれはダメだと判断し、それっきりだったムーブが、
今更やってみたら、出来るじゃん。
寧ろ、これまで固執してきたムーブより精度は高そうに思える。
4便目
前便のムーブを試したくて追加便。
クソッ、ヒールが外れた!
でも前便で試したムーブは手ごたえ有り。

来週も晴れてくれないかなー。
秋津放浪記、焼兵衛 2017年6月9日(金)
秋津で立ち飲み、3店目。

今日は新秋津駅のすぐ脇にある「焼兵衛」という店へ。
店内は2列のカウンターのみ。
ママさんと店員さん2名。

まずはホッピー黒を注文したところ、
店員さんに、「ドリンク・お通し・本日の一品」で500円というものありますよ、
と言われたので、迷わずそちらを。
ちなみに、
お通しは、ひじきの煮物と生キャベツ。
本日の一品はエビフライ(一匹)でした。
これとドリンクで500円は安い!

残念ながら今日はモツ煮は売り切れ。
メニューにあって気になった、牛すじ大根煮も売り切れ。

代わりに鶏の唐揚げを食べましたが、
揚げ物は冷凍物でした。

焼き物の方が美味しそうでした。
次回はそちろメインに食べます。

ホッピー(お通しと本日の一品) 500円
唐揚げ 300円
焼酎の中、200円×2
消費税別





秋津放浪記、秋津ナンバーワン 2017年6月6日(火)
今日も秋津で立ち飲み、2店目。

「秋津ナンバーワン」というお店に入りました。

立ち飲み屋かと思って店内に入ると、カウンター席にはパイプ椅子が。
立ち飲み縛りなんだけどなー、
でも入店しちゃったし、
雰囲気的には立ち飲み屋みたいなもんだし、まぁいっかー。
と早くも2店目にて妥協。

とりあえず生ビール。
紙コップでの提供です。
ちなみに次のドリンクも、同じコップを使い回しです。

この店は曜日によってメニューが変わるそうで、今日は唐揚げの日でした。
鶏むね肉唐揚げをオーダー。
揚げたての唐揚げに何種類か選べるソースをかけてもらえます。
熱々の唐揚げに、ニンニクソースがマッチして飲みが進みます。

生ビール 380円
角ハイボール 270円
鶏むね肉唐揚げ 260円
税込
※ドリンクは19時以降プラス100円

次回は餃子の日に来てみようかな。

★☆☆




秋津放浪記、野島 2017年6月5日
所沢在住の私。
最近になって勤務先が武蔵野線沿線になったので、
通勤時に秋津駅~新秋津駅を経由するようになりました。

しかし、ここが魔空間。
私の大好きな、香ばしい感じの立ち飲み屋がいくつもあるのです。
この手の誘惑には逆らえません。
どの店も逝ってみたい店ばかり。

しかし、ただ飲むだけじゃ面白くないので、
「立ち飲み屋」縛りのコンプリートを目指そうと思います。

という事で1店目。
そもそもこの辺の土地感もあり、
まずは老舗の「野島(のじま)」へ。

外から見る限り、いつも店内は満杯。
しかし、お店の人の声をかけると、ちゃんとスペースを作ってくれます。
左右の先客に挨拶して飲み開始。

まずはホッピーとモツ煮込み。
モツ煮はモツとコンニャクに薬味ねぎとシンプルながら、
モツがしっかり煮込まれていて柔らかくて美味しい。

追加で注文した焼き物は少し時間がかかります。
これは冷凍物じゃないから仕方なしです。
今日は、レバ、つくね、とり皮、豚なんこつ。
特にレバが絶品で(下の写真の右端)、
大ぶりかつ結構攻めた焼き加減で美味い。
ちょっと焦げ気味だったっリすることもあるけど、
まぁご愛敬ということで。

愛敬といえば、
ベトナム出身らしい店員さんが、
愛想よく応対してくれのも良いです。

ホッピー、300円
焼酎の中、200円×2
モツ煮、300円
串焼き、各90円
消費税別

★★★






ビレイグラス 2017年6月5日(月)
クライミング歴もそこそこ経過、そこそこ歳だし、
ビレイで長時間上向きなのが、そこそこ辛いです。

そんな人のためにビレイグラスというアイテムがあるのですが、
僕も何種類か市販品を店や友人のを借りて試着してみたのですが、
CUかY&Yが一番使い勝手が良いと思っていました。

使い勝手
その1、軽い
その2、プリズムの視野が広い
その3、プリズム視野外が広い
特に外岩で使う場合は「その3」が重要で、
ちょっと視線を動かして、プリズム視野外の手元、足元、左右上下が見やすくないと、
危なくて使い物にならないと思っています。

しかし、先述の2メーカーの品はお値段がね…。
そこで自作ビレイグラスを作って使用してみましたが、
やはりメーカー品の性能には劣り、使わなくなってしまいました。

先日、友人が購入したメトリウスのビレイグラスを使ってみたら、
これが結構良い。
使い勝手その1,2,3とも及第点。
しかもお手頃価格なのも魅力で(決して、メーカーや代理店の回し者ではございません)、帰宅後に早速ポチりました。

これでどんな長時間ビレイでも無敵。

copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.