一生懸命岩登攀
I climb the rock hard
201801<<12345678910111213141516171819202122232425262728>>201803
御前岩 2018年2月17日(土)
近況。
相変わらず御前岩に通っています。
当初、この冬の予定は城ケ崎シーサイドに行くつもりだったけど、
キャデラックランチ崩落後、JFA通達で解禁されてから一度だけ行きましたが、
個人的に如何ともしがたい違和感を感じて、それっきり行きたいと思えません。


御前岩。
その後、これといった成果も無いけど楽しみは尽きません。
このところの進捗状況。


キルフィンガー
ワークアウトがてら登ればいいと思っていたけど、
痺れを切らして本気トライでの回収。


APA
気分良く、FL。


WENDE
紐付きボルダー。
ようやくムーブが解決。


Bad or not too bad
これもムーブが解決。
怖くてムーブ悪い系。



今はこれが一番登りたい。
ノブさん、遊ばせもっらてます!


毎週来ている仲間内の話ではありますが、
この岩場にあるルートのグレードは、多少精査されそうです。
アスリーツボディ 御前岩 2018年1月20日(土)
久しぶりの更新です。
ブログは更新してなかったけど、クライミングはやっています。

最近は去年末くらいから、30年ぶりに再公開された奥多摩の御前岩で登っています。
楽しいです。


アスリーツボディ、RP
本日3便目、計4日かかりました。
核心のムーブがどうにもシックリしたものに決まらず、
苦労してしまいましたが、とりあえず一安心。

アスリーツボディ 7c+、これを基準に他のルートも楽しんで登らせてもらいます。

アスリーツボディ(ラインはカンテ沿い)
小川山 2017年11月4日(土)
Uパイセンと一緒に久しぶりの小川山へ。
行き先はお殿様岩のイムジン河です。

クラックは今期初めてですね。
しかもオーバーグレードのルート。
でもムーブはジャムジャムしなくても登れるようなので、
プロテクションさえ何とかなれば遊べるでしょう。

トライ前には、
Uパイセンにイムジンセット(必要なプロテクションのこと)を教えてもらいました。
人に教えてもらってトライするとはケシカラン!
と言われそうですが、クラックに関してこの辺りは個人的にはこだわりません。
自分のレベルでは、まずは安全第一です。

2便やりました。
ムーブは解決しましたが、ビビり核心です。
プロテクションはしっかり決まっているとは思うのだけど、
本能的に体がすくんでしまい、テンションが入ります。

もう少し練習したかったけど、雨とミゾレが降ってきてしまい終了。
その間際、UパイセンはRP。お見事でした。


備忘録
トーテムカムの黒とキャメロットX4の赤と黄はUパイセンからの借り物
fc2_2017-11-05_21-31-20-221.jpg

fc2_2017-11-05_21-29-40-454.jpg

fc2_2017-11-05_21-29-56-771.jpg

神の手、カサメリ沢 2017年10月11日(水)
10月9日(月)
梅雨以来、久しぶりにカサメリ沢のコロッセオに戻ってきました。
昨日、今日と、晴れて良い天気なのですが、10月としてはかなり気温が高め。
土曜日までに結構な雨が降った影響で湿度も高め。
でも昨日もここに来た人の話では、前日に比べれば全然状態がよいとのこと。
そもそもこのコロッセオで壁がパリパリは状態になることは稀なのですが。

神の手、2便
久しぶりのトライとはいえ、散々打ってきたルートなのでムーブは体に染みついています。
が、やはり湿気ぽいです。
特に核心のラインは流れ込みの通り道になっていて、一昨日までの雨の影響か。特に湿気ていました。
状態の悪さに嫌になってしまい、2便で終了。


10月10日(火)
次の週末は天気が悪い予報。
そういえば昨日のパートナー達が水曜日も行くと言っていたな。
今月は仕事も暇だし明日は休めるな、と思い立ったら速攻でパートナーに連絡。


10月11日(水)
平日カードにRP無し。
というジンクスがあるけど、来ずにはいられませんでした。

神の手
1便目
ヌンかけ。
一昨日ほどじゃないけど、まだいまいちだなー。
このルートのパリパリの時を知っているだけに、尚更そう感じてしまう。
でも。パリパリじゃないといっても、言い訳になるほど悪い状態でもなく、登れないのは自分が弱いだけ。

2便目
1本指が保持り切れずにフォール。
この1本指がすんなり入る時と、そうじゃない時の差は何だろう。
手前のポケットでレストするのだけど、ここで時間をかけすぎると指が腫れてしまうのかも。

3便目、RP
自分の実力では、このルートは壁の状態も伴わないと登れない部類のルートだと思ってます。
今日はそのチャンスかと思って来たけど、期待外れの状態でした。
実力を上げて来シーズンに仕切り直しかな。と思っての回収便、それでもいちおう本気トライ。

アプローチの凹角部を終え、縦ホールドとポケットを繋いで右カンテへトラバース。
前便で思った事を踏まえ、レストは片手1回ずつだけに留めた。
右手でカンテを叩いて一番いい皺を捉えたところで、
左足ヒールでバランスを取り1本指を狙う。
今回はしっかり指がかっかた(第一関節半分くらい)。
右側面の薄いスローパーを叩いてカンテを抱えるような格好で態勢を整える。
次のガバピンチが湿気ぽいと、いつもそこで一気に力を吸われてしまっていたけど、
今日は少しだけ余裕があった。
ガバピンチ上のカンテ両脇にあるポケットから最終パートのトラバースへ。
この部分はトラバースせずに直上するムーブもあるけど、自分はRPするならトラバースでと決めている。
左手ポケットから右手をカチに移動。
さらに左手を次のポケットへ送ろうという時に右足が切れてしまった。
落ちる、と思ったけど、とっさに切れた足でバランスを取ることが出来て辛うじて持ちこたえた。
サイドガバまでたどり着いて、このガバで両手を交互にレスト。
そして最後、不安定なフットホールドを蹴って、終了点近くのスローパーにデッド。
留まった。終了点にクリップしてRP。

神の手、トライを始めてから2シーズン。
ムーブが出来るようになってからは、状態に泣かされた日も多く、
いい加減、自分の実力、限界グレードとしてトライするべきルートではなかったのかと思い、
仕切り直しも考えていたところ、まさか今日この便で登れるとは…。


ラッキー!


神の手(少年タワー全景)
fc2_2017-10-11_23-57-15-608.jpg

22449231_1427936970588990_1076049944_o.jpg


ご褒美ゴハン、蘇州のスペシャルラーメン
fc2_2017-10-11_23-56-26-869.jpg

雷火、瑞牆 2017年10月1日(日)
IMG_20171001_125846_convert_20171001225303.jpg

夏の間、状態が悪くても雷火を続けていました。
気候のせいか自分が弱いからなのか、思うような進展が得られない日が続いていましたが、
先々週からようやく花崗岩の季節になってくれました。
壁の状態が良くなったとたんに、それまで出来なかったムーブが出来るようになり、
RPが見えてきたところで、少々足踏み。

9月30日(土)
これまでこの壁に通った経験から、壁の状態が一番良くなるのは昼過ぎ頃。
今日はその時間まで我慢して、近くにあるハイボルダーにトップロープをセットしてウォーミングアップ。

結果、3便。
壁の状態は今までで一番のパリパリです。
しかし、全て最終パートのスローパーのトラバースでフォール。
これまでの最高到達点ではあるけれど、3便とも上部で落ちるとは思っていませんでした。
ショックではあるけど、改めてムーブを確認したら、まだ詰めておくべきところがありました。
詰めが甘い(いつものことながら…)

10月1日(日)
連登。
アップは今日もハイボルダーをトップロープで。

雷火
1便目
2ピン目からのガバ取りで足を滑らせてフォール。
これまでやったことのないミス。
いかんいかん。落ち着け自分。

2便目
今日も岩の状態は良好。パリパリ度合いでいえば昨日の方がパリパリだったけど、
個人的にはパリパリの中に若干の湿度を感じるくらいの方がよいので、
今日の方がベストでした。
前便のミスで、この期に及んで変更したムーブも成功し、
上部のスローパーのパートまでは行ける自信はありました。
そして最後、右手でスローパーを止めたところからは、慎重に手を進め、
ようやくのRP。


以前から登りたかった雷火。
この岩にはこのルートしかないので、自分にとってはパートナー核心でした。
でも、たまたまトライを始めた仲間がいて、それに乗っかることが出来たのはラッキーでした。

状態の悪い時期に便数を重ねてしまったせいで、ムーブが定まらない日が続いてしまいました。
結局のところ、秋になり壁の状態が良くなったから登れた。
という、いつもの花崗岩のパターンでした。

さて、次回からは、アレをやりに戻るとしますかね。
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.