fc2ブログ
一生懸命岩登攀
I climb the rock hard
202401<<1234567891011121314151617181920212223242526272829>>202403
美しき流れ 二子山 2021年4月3日(土)
2015年に散々苦労して「唐獅子牡丹」をRPしたとき、「これが二子で登れる最高グレードだよなー」と思いました。
が、欲深いもので、グレード至上主義の僕は、すぐに「美しき流れ」に飛びつきました。

しかし、全く歯が立たなくて尻尾を巻いて逃げ出しました。
その後、「即身仏」「龍勢」で修業して、2020年のシーズンから挑戦を再開。

再開当初は、久しぶりに登る「唐獅子牡丹」の核心がなかなか止まらず、
普通に唐獅子をトライしている人でした(笑)。

「唐獅子」が何となくこなれてきて、「流れ」の核心の練習を始めたところ、
話には聞いていたけど、確かに、核心で使うチ○コに付いていた真珠が無くなっていました。

「美しき流れ」は「唐獅子牡丹」から「真珠入り」の上部核心部を繋げたルートですが、
そこに繋げ物の不自然さは無く、それ自体が独立した素晴らしいルートです。
(各所に補強・造形の痕跡があるので、賛否はあるでしょうが…)

「美しき流れ」の核心は「真珠入り」の核心でもあるのですが、
その核心ホールドが、元々は「チ○コに真珠が2粒ついた形状」のものでした。
イメージとしては、こんな感じだった気がします。(下図参照)
shinju.jpg

(実際の真珠はチ○コに対してもっと小さい)

このチ○コのと真珠の粒を合わせてカチることで、左手をしっかりとホールドすることが出来たから、
所謂、ライダーキックで足を振り上げることが出来たのでした。

しかし、現在は「真珠入り」の所以たる真珠は取れてしまいました。
ただの「チ○コ」です。
持ちにくくなっただけの「チ○コ」です。

それでも、残されたホールドで何とか登ろうと試行錯誤。
チ○コの持ち方をあれこれ工夫し、そこだけやれば3回に3回は成功(4回に1回は失敗)するくらいの精度までになりました。

でもこれが、唐獅子から繋げてくると、どうしても真珠の核心が繋がりません。
ヨレてしまって左手でチ○コが保持しきれず、
ライダーキック不発だったり、
たまにライダーキックが成功しても、次の右手が出なかったり。
テンションすると出来るけど、繋げると出来ない。
このムーブで完登を狙うには、もっともっとフィジカルが必要だと感じるようになりました。

そして、自分なりにコソコソとトレーニング(主に保持系の持久と体幹)してみたり、
ダイエット(軽めの食事制限、アルコールは制限対象外)をしてみたり。

ムーブにこだわって頑張ってきたものの、これ以上はいろいろな意味で時間の制約があるので、
完登のためにこれまでのこだわりは封印。
もう一つのムーブを採用することにしました。

ムーブの詳細は省きますが、このムーブだとチ○コはほとんど使いません。
「真珠入り」の所以であり、それが「美しき流れ」の最大の核心であったものを、
使わないで登るというのは、個人的には妥協としか言えませんが、

そもそもの真珠が喪失してしまっていること、
以前はあった言われるフットワークが欠損していること、
等々、自分に都合のよい感じで折り合いを付けることにしました。

今年、二子シーズン後半から、妥協ムーブを採用し、
それでもたまに諦めきれないオリジナルのムーブをやってみたりして、結局は無駄な便数を重ねたり。

そして本日、「唐獅子牡丹」から繋げて、初めて核心ムーブ成功。
そのままの勢いでRPすることが出来ました。
(妥協ムーブだけどね)

トライしていない期間も含めて、足掛け6年かかりました。
長いトライの間には、いろいろ思うところ、心境の変化、身体の衰え、等々。
そんなこんなも全てひっくるめて、もう最高の気分です!

まぁこの先、僕にはもうこれ以上のルートは登れないと思うので、
余生はエンジョイクライミングを満喫したいと思います!
168602072_352770396126750_3916983244209386054_n.jpg


グレードについて。
100岩場では「美しき流れ」は5.13c?5.14a?、という曖昧な表記になっています。
実際のところ、登った人たちの意見も5.14aが妥当と言われています。

しかし僕の意見としては、
「任侠道」5.12d、「唐獅子牡丹」5.13bを不動の基準にした場合、
「即身仏」5.13cよりはムーブも難しいし、それ以上に持久力は必要だし、
かといって「真珠入り」5.13aと「唐獅子牡丹」5.13bの繋げ物である以上、
「唐獅子牡丹」5.13bより3グレードも難しくなることは無いと思うのです。
だから僕としては、ロマンを込めて5.13dが妥当なグレードだと思いたいです。
唐獅子牡丹 before after 2021年2月23日(火)
二子山に通い始めて、もう10年が過ぎています。
常連の顔ぶれもだいぶ変わっていて、いつの間にか僕も古株と見られているようです。

新たな常連さんたちは、当時の僕が苦労して登ったルートを、サクサクと登っていて、
「みんな強いなー」と感心したり嫉妬したりしています。


ところで、
2020年の秋ごろに、二子山で看板ルートの「唐獅子牡丹」の核心ホールドに変化があったという話を聞きました。
僕も12月になって実際に確認したところ、
以前から、核心ホールドのシカで埋められていた部分が剝がれていて、深さ3ミリくらいの穴が現れていました。

実際に登ってみたところ、最初は特に違和感を感じなかったのですが、
何度かリピートしてみると、明らかに持ちやすくなっていると感じられました。

僕の体感としては、
元々、唐獅子牡丹は「 5.13bってあるけど、実際には5.13cはあるよね」と言われてましたが、
実際、今回の変化で、適正な「5.13b」になったのかな、と思います。
(なお、一部の特殊なムーブで登っている人には、全く変化を感じられないと思いますが)


シカで埋められた経緯や、それが無くなってしまった経緯等々は、以下のリンクを参照していただければ。
http://tkd0831.blog.fc2.com/blog-entry-307.html


グレード云々については、あくまでも個人的な意見ですが、
明らかに、before after の差があると思います。

現状、
唐獅子牡丹:5.13b
美しき流れ:5.13c~d(まだ登れてないけど)
が、適正なグレードになるのかな。
龍勢 二子山 2019年4月7日(日)
二子山での新たな課題として、龍勢を2017年の秋にトライを始めたのですが、
龍勢パートのムーブが全然できず。
そもそも、その下部の私生活のリピートも出来なくて、これはどうしましょー。
って時に、奥多摩の御前岩が公開されたので、このシーズンは御前岩に入り浸り。

2018年の秋から今日まで、再び龍勢に取り組むため二子山部屋へ。

暫くは、以前に私生活をRPした時のムーブを思いだしつつ、龍勢のムーブを探るトライが続きました。

以下は、当初やっていた龍勢のムーブ。
龍勢の一手目のホールド、スローパーカチが持てなくて、なかなか次のホールドにつながりません。
二手目で右奥にある見えないアンダーを右手で取り、平らな小ガバへデッドで飛ばすのが遠い。
そして左手を隣のカチに寄せ、懐が狭く動きづらい態勢から浅い水平ホールドへ。
ここでこのまま耐えて龍勢1ピン目にクリップするか、
左にあるガバカチを取りに行ってからクリップするかが悩ましい。
結局、手数が増えるのを嫌って、ガバカチは使わないことに。
右足を平らな小ガバに乗せ、左足を流した態勢から左手で消しゴムホールドを押さえ、
バランスを取りながら、見えないスリットを右手で取りに行くところも遠い。
ここで2ピン目にクリップ。
左手で薄いピンチを取り、右手はカンテ.

滑りそうな右足、左足は壁にあてているだけの態勢から左手をサイコロホールドに移動させ、
輪入道の凹角にあるガバを倒れ込むように取る。
凹角では大レストが出来るけど、最後の輪入道のパートも二子山の5.11らしく全然易しくないので、
下からつなげて来たら余裕で落ちれる。
でも絶対ここでは落ちたくないので入念に練習を。

ようやく私生活が再RP出来て、いざ龍勢へ。
しかし私生活でヨレヨレの状態だと、平らな小ガバへのデッドムーブが全然決まらない。
デッドの時に踏んでる足場が、ただでさえ良くないのに、腕がヨレてるとしっかり踏み込めずスリップしまくり。
たまに成功しても、次の浅い水平ホールド取りで落ちまくる。
それでもそのうち出来るようになることを信じて何便も何便もやりまくり、
ついに浅い水平ホールドまでつながって、クリップも出来た。
けど、ここで力尽きて落ちた。

そして、残念だけどこのムーブでは下からつなげて完登することは出来ないと判断しました。
ここまでやって来てムーブ変更かー。

どうしたものかと情報収集。そして以下が改訂版ムーブ。
一手目のスローパーカチを取ったら、右足で私生活終了点ホールドの下付近にある僅かなギザギザを踏む。
体を左に返して立ち上がり、平らな小ガバの左にあるカチを目指す。
遠いけどしっかり立てればちゃんと届く。
次に左足に乗り込みクリップホールドのガバカチへ。
ここがまた遠いけど右手のカチを握り込んでガンバる。
ガバカチに届いたらクリップ。
右手を一つ上のカチに移したら、右足を平らな小ガバに乗せ、消しゴムホールドを中継し、
右手を見えないスリットの脇にあるカチに飛ばす。
ここも見えづらく遠いけどガンバって届かす。
足を踏み替えてから左手で消しゴムホールドを押さえてバランスを取ったら、
右手をスリットに移動。
そしてクリップ。
後は当初ムーブと同じ。

改訂版ムーブに変えてから暫くは、足元を気にし過ぎて二手目のカチへの距離感がなかなか掴めずに落ちまり。
更にあれこれとムーブを修正、特に足さばきを。
かつ、私生活のパートも省力化に努める。

4月6日(土)
2便目のトライで龍勢の2ピン目まで到達。
ここまで来られたらもう落ちないつもりでだったけど、
両手がヨレて保持力なし。
否、もっと冷静であったなら、足を使ってリカバリー出来たのではと思ったのも後の祭り。
凹角のガバにタッチして落ちた。

4月7日(日)連登。
諸々のタイミングを狙っての1便目でRP。
全て、これまで積み重ねたものがつながった結果だと思いました。
終了点への一手では、若干かかりが浅くて少しヤバかったけど、辛うじてリカバリー。

長かった。
いつになったら登れるのか、もしかして登れないのかもという絶望感もあったけど、
結局は何とかなりました。

龍勢。
人づてにリーチが無いとかなり難しいよと聞いていたけど、
確かに「遠い」ところが何か所もあったけど、なんとか自分に合ったムーブに辿り着いたおかげで登れました。
あきらめなくて良かった!

このルート、トライすれば直ぐに分かるけど、
けっこうナチュラルじゃありません。
グレードも5.13aの割には難しいと専らの噂だし。
でも、そんな事を踏まえても最高に面白いルートだと思いました。

後記。
たぶん、私生活のRP回数は二子クライマー最多だと思います(笑)。


Hさんがビデオを録ってくれました。ありがとうございます。
二子山 2017年4月23日(日)
都合がついたので今週も連登。
昨日は薄曇りで寒かったけど、
今日は晴天で風も無く、日差しが暑かったけど、壁の状態は良好でした。

ウォーミングアップを終えて、今日こそは終わらせてしまいたい、
ジョナサン・リビングストン・シーガル。
しかし、やる気はあるけど2日目の体はヨレてる。
核心のムーブが出来ずにフォール。
体力ねーなー。
心が折れたので来シーズン持ち越しに。


気持ちを切り替えて、
美しき流れ。2便。
お立ち台の人数が少なかったので、時間をかけてムーブを探らせてもらいました。
暗黒だったクリップムーブ、自分にあったものを見つけました。


最後、久しぶりにペトをトライ。
ムーブも体もグダグダでテン山。
来シーズンはこれをワークアウトで登れるようになりたです。
二子山 2017年4月22日(土)
お立ち台は人数多め。
でも回転率が高いので順番待ちにストレスが無いのは分かっているけど、
モチベーションが上がらず、気分転換にジョナサンに逃げました。

ジョナサン・リビングストン・シーガル。
1便目で再確認して、
2便目でRPするき満々だったのに、思わぬところでムーブを間違えて落ちた。
ダサ過ぎる。

美しき流れ
1便だけ。
核心、左手の持ち方をIWBさんに聞いた方法に変えてみた。
今までは少しでも距離を出すために、悪い部分で耐えていたけど、
今日試したホールディングだと左の引きつけがしっかり効いて、
一発で右手が届いた。
ようやくムーブの目途がついた。
これからは地道に持久力を上げて、精進します。
copyright © 2024 Powered By FC2ブログ allrights reserved.