一生懸命岩登攀
I climb the rock hard
201701<<12345678910111213141516171819202122232425262728>>201703
2014年まとめ
目標にしたルート。
唐獅子牡丹、たくさんやったけど完登できず。
マンモスケイブ、トライする機会もほとんどなく完登できず。
クレイジージャム、完登。
ジャックと豆の木、完登。

クラックの目標は易しい設定にしてたのでクリアできました。
来年は小川山で5.11台のクラックをトライしようと思います。
目標としては「蜘蛛の糸」。

ボルトルートは引き続き、本年の目標を継続します。

今年は小川山へ行く時期に天候不順が続き、あまりクラックで遊べなかったのが残念でした。
そして、クライミングで絡んでいただいた方々には感謝感謝。

ビレイグラスを自作しました 2014年10月20日(月)
最近、ビレイで長時間の上向き姿勢が辛くなってきました。

そこで、巷で普及しつつあるビレイグラスを自作してみました。

購入したもの
・「寝ながら本を読める」的な眼鏡で一番安いもの。アマゾンで800円。
・プラスチック系の素材なら何でもオッケーな接着剤。ホームセンターで500円。

使った工具
・精密ドライバー
・カッターナイフ
・紙やすり


主となる「寝ながら本を読める眼鏡」は、プラスチック製のフレームにプリズムが装着されています。
当然「寝ながら本を読む」ための物なので視野は下方に向けられています。
まずはこの眼鏡のツルだけを上下に付け替えて使用してみましたが、
本来、鼻頭に当たる部分は上を向くことになり、実際に鼻頭に当たるのは眼鏡フレームの上部となりこれが痛い。

改造行程
プリズムを保持する部分がフレームと一体化した形状となっている。
よってプリズムだけを外しても、フレームと一体化したプリズムの保持部分も本体から分離しなければならない。
最初はカッターナイフでシコシコ切り取ろうとしたが、切断するのに100年くらいかかりそうだったので、
面倒くさくなり、カッターナイフをコンロで炙り熱断。
これにプリズムを装着して、元の状態と反対向き(起立した姿勢で上が見えるように)に仮留め。
さらに接着剤で固定して出来上がり。



接着剤の硬化完了後に試着。
何ら問題なくビレイグラスとして使えます。

見た目は熱断したこともあってグダグダですが、
試作品だし、自分で使うのものだし、元手も安いし、ってことで気にしません。
むしろ、市販品が1万円くらいするのを考えれば8千円以上もお得!
備忘録 小川山 2014年7月30日(水)
所沢~韮崎IC~明野~塩川ダム経由
総距離
179.3 km
所要時間
4時間 15分
料金
2780円



所沢~須玉IC~塩川ダム経由
総距離
179.5 km
所要時間
3時間 47分
料金
3780円



所沢~須玉IC~野辺山経由
総距離
182.3 km
所要時間
3時間 48分
料金
3780円



所沢~長坂IC経由
総距離
183.3 km
所要時間
3時間 45分
料金
3980円
二子山への距離
芦ヶ久保~二子
・H六本木経由、41.7km
・ミューズパーク経由右回り、42.8km
・西武秩父経由、43.1km
・ミューズパーク経由左回り、43.9km

・林道(坂本~駐車場)、5.8km

テーマ:クライミング全般(含ボルダリング) - ジャンル:スポーツ

2012年のまとめ
今年もたくさん登りに行けました。
そして例年になく、いろいろな人と出会うことできたのが
クライミングとは別の意味でも楽しい年でありました。

クライミングについていえば、5.13というグレードが登れた記念すべき年であります。
決してグレードを追っている訳でじゃなく、興味の向いたルートを追っていった結果なのですが、
そのことに数字が付いてきて、グレード更新となったは素直に嬉しいことです。

しかし正直な感想を言うと、このグレードが「こんなものか」ということも感じさせられました。
これは自分のグレード感が二子スタンダードになっているからなのでしょう。

なんて、生意気な事を言いましたが、登れていないルートもいっぱいあるので、
まだまだお楽しみは続きます。



今年登れたルート

ア・ラ・ポテト(5.13a)甲府幕岩
 初の5.13。
 カッチカチのストレニュアスなルート。
 得意系ではあったけど、ムーブが出来てからのワンテン天国には泣かされました。

カリスマ(5.13a)太刀岡山
 実際のところ、それほど興味がなかったルート。
 でも「王道は登っておきなさい」と知人からのアドバイスを受けてトライしました。
 個人的にはガバの持久系は苦手系。
 RPしてその人気の理由が分かりました。確かに後半の豪快なムーブは気持ちよかったです。

任侠道(5.12d)二子山
 二子山、憧れのルート。
 まさか自分がこのルートをトライできる日が来るとは思っていませんでした。
 評判に違わないすばらしいルートでした。

一期一会(5.12d)河又
 クライミングを始めてから頃から一番通った、ホームグラウンドのような岩場。
 そしてこれも「いつかは登りたい」と思うルートの一つでした。
 内容が濃いルートです。

鉄の爪(5.12b/c)甲府幕岩
 「ア・ラ・ポテト」の後にトライしたので多少易しく感じたけど、甲府幕岩らしい好ルートです。

爆弾低気圧(5.12a)甲府幕岩
 お買い得と聞いたので、登れたら初の5.12オンサイトを狙ったけどワンテン。
 邪心があるとダメですね。2便目でRP。

ノーモアレイン(5.12a)小川山
 前半は前傾壁、後半は垂壁とスラブ。
 ムーブがあって面白い、小川山スタンダードなフェイスでした。

エアーダンス(5.12a)城ヶ崎
 初めて行った城ヶ崎で1day。得意のカチでミジカシイ系。

愛しのエリー(5.12a)二子山
 ババージュに打ちひしがれてた、二子シーズン最後に登りました。
 最後のムーブは度胸一発。



宿題となったルート

トップガン(5.13a)カサメリ沢
 噂通りのランジ2発。ムーブはそれだけ。
 芸無しルートだけど、空へ向かって抜けて行くかのようなラインが最高にカッコいい。
 でも2回目のランジが遠くてなー。

ババージュ(5.12d)二子山
 核心の2本指ポケットからのムーブの確率が悪くて登れません。
 登りたくて登りたくてしかたがありません。

スーパーラット(5.12c)太刀岡山
 カリスマをRPした日にトライ。
 2本お持ち帰りを狙ったけど、リップ抜け口で落ちました。
 おかげでまだ太刀岡山へ行く理由が作れました。

本気のライン(5.12a)小川山
 パートナーに付き合ってトライしてなければ、存在すら知らなかったルート。
 ムズーーい。

とろろ(5.12a)小川山
 小川山らしからぬ傾斜とホールドの持久系ルート。
 ジムでルートを登りこんでいる人なら得意かも。
 自分は苦手系です。

バックトゥザフューチャー(5.12b)小川山
 パートナーのスラブ修行に付き合って行ったエリアでたまたま出会ったルート。
 グレードよりもメチャクチャ悪くてムズい!
 でも隠れた好ルートだと思います。

サンダーボルト(5.12a)河又
 メインのコウモリ岩とは別の岩場とも言えるカミナリ岩にあるルート。
 5.10台のルートはあるけど、ウォーミングアップに向いたルートがありません。
 登るべきルートもこのルートだけです。
 1dayを逃してしまい、次回はパートナー核心です。

ピスタチオ(5.12a)城ヶ崎
 初めて行った城ヶ崎。
 隣接するラインが混みあってたので1便でヤメ。


以上は今年に初めて取り付いたものだけで、前年からの宿題は省略してます。
こうやって見ると、登れたルートより登れていないルートの方が多い(笑)
まぁボチボチ片付けていきますか。


今年からクラックもけっこう登るようになりました。
まだまだ5.10台前半でヒーヒー言ってます。
でも小川山で「カサブランカ」と「きびたき」をRP出来たのが大きな収穫。
それから「予期せぬプレゼント」が登れたのも嬉しかったです。
来シーズンは今年にRPできなかった「最高ルーフ」が登りたいです。


その度々にパートナーとなっていただいた方々、本当にありがとうございました。
来年もヨロシクです。

テーマ:クライミング全般(含ボルダリング) - ジャンル:スポーツ

copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.