一生懸命岩登攀
I climb the rock hard (開店休業中)
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
御嶽 2012年10月9日(火)
3連休にくっつけて有給休暇を取りました。
午前中の雑用を済ませた後、御嶽へ行きました。

一時期、断続的なパートナー難民だった時に少しだけ通ってましたが、今回は実に2年ぶり。
所沢からは車で1時間。
忍者返しの岩を目指したけど、平日なのに駐車場が満車でビックリ。
仕方なく発電所の駐車場へ。
そしてデッドエンドの岩で、宿題課題をトライ。
NEC_0023.jpg写真の人たちは先客の若人たち


勅使河原美加の半生(初段)
かなり撃ったけど、どうやっても上のポケットに届かない。
手数が2年前と変わらないまま敗退です。
身長165センチの人間の正解ムーブはランジ?足上げ?

左半身ばかりがヨレたので(1手目のポケット取りの影響)、この課題は終了。
そして忍者返しの岩へ。

話しに聞いてましたが、払沢トンネル脇から忍者返しの岩へ降りる階段の周り一帯の木が全部伐採されていました。
まだ切った木はそのままになってるけど、この後どうなるんでしょうかね。
NEC_0026.jpg
NEC_0027.jpg


ここでの宿題は、子供返し(初段)、クライマー返し(初段)です。
がその前に、忍者返し(1級)をサクっとリピートしときますかねー。


ところがところが、手順を忘れてるは、高くて怖いわ、で思いがけず四苦八苦。
ようやく再登できた頃には全身ヨレヨレヨレ。

本題の子供返しはランジする力が残っておらず、
クライマー返しに至っては、スタートホールドにナックルジャムをグリグリするだけで終了。

成長の無さを痛感。
いやいや、御嶽はそんなに甘くないよって事で自分を納得させましょう。


そうそう、これも話しには聞いてたけど、いつだかの増水の影響で下地が下がってました。
忍者返しの上部で落ちると嫌な感じのところにある岩もかなり露出してました。
NEC_0029.jpg
NEC_0030.jpg


最近は休日ともなると、ジム以上の人出らしいけど、
さすがに平日は人も少なめ。

この日の忍者返しの岩は自分が最後でした。
わずかに残った静かな時間を、日暮れまでボーっと川を眺めて過ごしました。
NEC_0031.jpg
スポンサーサイト

テーマ:クライミング全般(含ボルダリング) - ジャンル:スポーツ

御岳
(2010年6月10日)

暇だったので御岳に行ってきました。
天気は夏日で状態が良くないのは承知の上だけど、久しぶりに登りたかったんです。

とりあえずなんとなく中州ボルダーへ。
平日の真昼間、誰もいなくて貸し切りです。

適当にウォーミングアップしてから、そういえばまだ登れてなかった「ジャンピングフック1級」を。
何が何だかホールドもムーブもさっぱり忘れていたので、何トライかイロイロ試登。

久しぶりの外岩ボルダリングですぐに指が痛くなっちゃってすぐに休憩。

その休憩中、すぐ目の前にカワセミが飛んできた。
やっぱこの辺だといるんですね。
岩の上に停まって川面を覗うその様子、明らかに何かを狙ってます。
その直後、飛び上がったと思ったら川面に急降下。
みごと小魚をゲット。
初めてカワセミが魚を採るところをみました。
ちょっと感動。

カワセミに鼓舞されるほど単純じゃないけど、その後、僕も「ジャンピングフック」を完登。

忍者返し岩に移動。
さすがに人気の岩、ここには3名ほどの先客。

先客の人達の仲間に入れてもらって、久しぶりに「忍者返し1級」にトライ。
おっと、久しぶりで右手の飛ばしの感覚が掴めず、なかなか止まらないですねー。

数トライ後、やっと感覚を取り戻して右手飛ばしが止まった。
後は特に問題ないんでそのまま完登。

でも僕は最後のクラックに右手の指をスタックさせるムーブなんで、痛い痛い。
この痛みは何回やっても慣れないなー。

ついでに「クライマー返し初段」「子供返し初段」もちょっと触った。
どっちもまだまだかかりそうです。

やっぱボルダリングも楽しい。
また季節が良くなったら通おうかな。

テーマ:クライミング全般(含ボルダリング) - ジャンル:スポーツ

丸こんにゃく岩
(2009年9月5日・御岳/丸こんにゃく岩)

前回の続きです。
天王岩から御岳に転戦しました。

まぁ、何となくついでに来た感があって、特別狙いの課題はありませんでした。

それで思いだしたのが、自分が以前に登った丸こんにゃく岩の1級課題を思いだしたので、イワサキ王子にもやってもらいたくて、本日の課題決定。

ここには丸こんにゃく岩の1級課題「左・中央・右」の3部作があって、自分が以前に登ったのは「右」です。
確か2撃くらいだったと思います。

とりあえずイワサキ王子にはスタートホールド以外には何のヒントも無しにトライしてもらいましたが、ちょっと苦戦。
しかしすぐに修正して1級ゲットしました。
「右」の核心は右手をデッドに飛ばしてガバを取るところでしょう。

続いて2人とも「中央」「左」と続けてゲット。(1撃という訳にはなりませんでしたが)

天王岩のリードクライミングでは成果無しだったのですが、ここ御岳で1級を3つも登れたので(自分は新規で2つ)、まあまあの1日でした。

ちなみに「中央」の核心はスタート後の足上げと、その後のツルツル面をペタシペタシと這い上がるところ。
「左」の核心は「右」に似た感じです。でも岩を良く見て登れば「右」よりも簡単かもです。

テーマ:クライミング全般(含ボルダリング) - ジャンル:スポーツ

御岳のイギリス人
(2009年7月12日・御岳)
せっかく晴れた土日なのにパートナーが全滅でガッカリです。
昨日はジム、今日は御岳でしたー。
ボルダリングが嫌いなわけじゃないけど、やっぱりロープクライミングが好きなんです。
(煙と何とかは高い所に行きたがる!?)

いちおう前回、イワサキ王子と2人でドハマリした「イギリス人のトラバース」という課題が登れたから、良しとしますか。

今日は前回とムーブを変えました。
というか、たまたま一緒に登っていた女性のムーブをパクりました。
何方か存じませんが、ありがとうございました。

ただ自分の中でちょっと納得していなところがあります。
自分のムーブだとトラバース後、左手をカンテに飛ばすしてから上がるのですが、
室井登喜男の「御岳ボルダリング」という伝説(?)のビデオの中で、彼のお母様が同じ課題をトライしていて、カンテを使ってないんですよねー。
まぁリーチの違いもあるからムーブも違っていいんだろうけど。
次回は室井母のムーブで登ってみます。

ちなみに「デッドエンド」の再登にもチャレンジしましたが、フリクション命の自分のムーブだと、この季節はヌメり過ぎて登れませんでした。1級くらいなら多少条件が悪くてもいつでも登れるようになりたいです。
またまた御岳
昨日は二日酔い気味で朝寝坊をしてました。
そしてそろそろ起きようとしてたところに、ジム仲間のイワサキ王子から連絡が。
イワサキ王子「ミタケ行かない?」

もともと天気が悪い予報だったので、土曜日は何も岩場の予定を立てていませんでした。
それが思いのほか天気が良かったのです。
そしてルートはやるけど、外岩ボルダリングを好まないイワサキ王子からの珍しいお誘い。
これはお付き合いしないわけにはいきませんね。
もちろんこんな時期なのでコンディションは目を瞑りますがね。

現地に到着。
さっそく忍者返しの岩へ。やっぱりこの時期、土曜日とはいえ人は疎らですね。
とりあえずマミ岩でウォーミングアップ。
4級、3級、2級をやりました。
イワサキ王子は2級の課題でちょいハマりしたけど完登。
そういえば、イワサキ王子が後で室井トキオさんの御岳のビデオ(結構年代物)でチェックしたらた、
ビデオではスタートを一段下からでやっていたと気にしていたけど、以前とは下地の高さが変わっているだろうし、そんなに気にしなくていいんじゃない?と自分は思うんだけど、どうですかね?(実際、ほとんど難度は変わらないし)

続いて本日のメインイベントの忍者返しへ。
自分は1発目はちょっとミスってダメだったけど、2発目で完登。久しぶりだったけど登れました。
イワサキ王子は核心の右手飛ばしが取れず凹み気味。まぁそんなに簡単にはいかんですよ。はっはっは!

次はデッドエンドに移動。
そしてこれまた1級課題のデッドエンドにトライ。
イワサキ王子にはホールドとラインだけ教えてあげて、先に初見でトライしてもらいました。
出だしに苦労してたので、トゥフックを教えてあげたら核心手前までのムーブは簡単に出来てました。やっぱポテンシャルは高いです。
しかしそこから先はやはり厳しいようで、結局核心のポケットには届きませんでした。
自分もトライしたけど再登は出来ませんでした。う~ん…、忍者返しよりデッドエンドの方が悪いよな~(個人的感想だけど)

その後なんとなくイギリス人のトラバース2級に2人でハマってしまいました。

そんなこんなで状態が良くなくても楽しくミタケと戯れた土曜日でした。

テーマ:クライミング全般(含ボルダリング) - ジャンル:スポーツ

copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。