FC2ブログ
一生懸命岩登攀
I climb the rock hard
201208<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201210
やられた!(小川山)
2012年9月9日(日)


with アッキー



今週も小川山。パートナーと相談して今回はスラブ修行、クラックはお休み。
ガマスラブに行きました。実はここで登るのは初めてです。
「許せないくらい壁が寝てる」という噂を聞いてましたが、確かにすごく壁が寝てます。
しかしその分ボルト間がランナウトしているので、恐怖感がプラスされて、壁が緩傾斜の安易さは相殺され、けっこう怖かったです。

アップ後、僕は「バックトゥザフューチャー 5.12b」にトライしました。
前半はスラブ、後半は薄カブリの垂壁の短いルートです。
前半はただのアプローチかと思ったけど、垂壁部分にたどり着くまでボルト1本とランナウトしてて怖い。
2本目も垂壁にへばりついて立ち上がらないとクリップできません。
スラブと垂壁の境目にカムを入れるのが正解だと思います。

さて結果はというと、2便出して敗退。トップアウトすらできませんでした。
垂壁カチカチ系のルートです。嫌いじゃないタイプなんだけど、1~2ピン間のムーブが解決できませんでした。
小川山で同じグレードの垂壁カチ系ルートの「働けロッククライマー」と比べると格段に悪いです。

ルートで途中敗退という屈辱。いつ以来だろう…。
リベンジせねば!


左岸スラブに移動して、またもスラブ。
2年ぶりくらいに「ジャーマン」を登りました。
核心で足を間違えてフォール。
落ちてから思い出しました。ここの部分の足は「結晶に立つ」でした。
2便目で再RP。

以前は、とにかく嫌っていたスラブも、最近は「面白い」と思えるようになってきました。


帰宅後、「バックトゥザフューチャー」の初登者である杉野氏(CLIFF)のHPをチェックしたら、こんな情報が。

2007/5/7
10年前に初登した小川山の「Back to the Future」のホールドが欠けてしまったため再RP。
★がひとつ増えたかな。オススメです。
グレードは少し上がって12cかd。

・・・やられたよ。



本日のまとめ
・でも諦めませんよ。
・スラブも諦めちゃダメだよ。
・15~17日も小川山に行きます。単発でもいいのでパートナー募集中。

テーマ:クライミング全般(含ボルダリング) - ジャンル:スポーツ

copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.