fc2ブログ
一生懸命岩登攀
I climb the rock hard
202103<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>202105
美しき流れ 二子山 2021年4月3日(土)
2015年に散々苦労して「唐獅子牡丹」をRPしたとき、「これが二子で登れる最高グレードだよなー」と思いました。
が、欲深いもので、グレード至上主義の僕は、すぐに「美しき流れ」に飛びつきました。

しかし、全く歯が立たなくて尻尾を巻いて逃げ出しました。
その後、「即身仏」「龍勢」で修業して、2020年のシーズンから挑戦を再開。

再開当初は、久しぶりに登る「唐獅子牡丹」の核心がなかなか止まらず、
普通に唐獅子をトライしている人でした(笑)。

「唐獅子」が何となくこなれてきて、「流れ」の核心の練習を始めたところ、
話には聞いていたけど、確かに、核心で使うチ○コに付いていた真珠が無くなっていました。

「美しき流れ」は「唐獅子牡丹」から「真珠入り」の上部核心部を繋げたルートですが、
そこに繋げ物の不自然さは無く、それ自体が独立した素晴らしいルートです。
(各所に補強・造形の痕跡があるので、賛否はあるでしょうが…)

「美しき流れ」の核心は「真珠入り」の核心でもあるのですが、
その核心ホールドが、元々は「チ○コに真珠が2粒ついた形状」のものでした。
イメージとしては、こんな感じだった気がします。(下図参照)
shinju.jpg

(実際の真珠はチ○コに対してもっと小さい)

このチ○コのと真珠の粒を合わせてカチることで、左手をしっかりとホールドすることが出来たから、
所謂、ライダーキックで足を振り上げることが出来たのでした。

しかし、現在は「真珠入り」の所以たる真珠は取れてしまいました。
ただの「チ○コ」です。
持ちにくくなっただけの「チ○コ」です。

それでも、残されたホールドで何とか登ろうと試行錯誤。
チ○コの持ち方をあれこれ工夫し、そこだけやれば3回に3回は成功(4回に1回は失敗)するくらいの精度までになりました。

でもこれが、唐獅子から繋げてくると、どうしても真珠の核心が繋がりません。
ヨレてしまって左手でチ○コが保持しきれず、
ライダーキック不発だったり、
たまにライダーキックが成功しても、次の右手が出なかったり。
テンションすると出来るけど、繋げると出来ない。
このムーブで完登を狙うには、もっともっとフィジカルが必要だと感じるようになりました。

そして、自分なりにコソコソとトレーニング(主に保持系の持久と体幹)してみたり、
ダイエット(軽めの食事制限、アルコールは制限対象外)をしてみたり。

ムーブにこだわって頑張ってきたものの、これ以上はいろいろな意味で時間の制約があるので、
完登のためにこれまでのこだわりは封印。
もう一つのムーブを採用することにしました。

ムーブの詳細は省きますが、このムーブだとチ○コはほとんど使いません。
「真珠入り」の所以であり、それが「美しき流れ」の最大の核心であったものを、
使わないで登るというのは、個人的には妥協としか言えませんが、

そもそもの真珠が喪失してしまっていること、
以前はあった言われるフットワークが欠損していること、
等々、自分に都合のよい感じで折り合いを付けることにしました。

今年、二子シーズン後半から、妥協ムーブを採用し、
それでもたまに諦めきれないオリジナルのムーブをやってみたりして、結局は無駄な便数を重ねたり。

そして本日、「唐獅子牡丹」から繋げて、初めて核心ムーブ成功。
そのままの勢いでRPすることが出来ました。
(妥協ムーブだけどね)

トライしていない期間も含めて、足掛け6年かかりました。
長いトライの間には、いろいろ思うところ、心境の変化、身体の衰え、等々。
そんなこんなも全てひっくるめて、もう最高の気分です!

まぁこの先、僕にはもうこれ以上のルートは登れないと思うので、
余生はエンジョイクライミングを満喫したいと思います!
168602072_352770396126750_3916983244209386054_n.jpg


グレードについて。
100岩場では「美しき流れ」は5.13c?5.14a?、という曖昧な表記になっています。
実際のところ、登った人たちの意見も5.14aが妥当と言われています。

しかし僕の意見としては、
「任侠道」5.12d、「唐獅子牡丹」5.13bを不動の基準にした場合、
「即身仏」5.13cよりはムーブも難しいし、それ以上に持久力は必要だし、
かといって「真珠入り」5.13aと「唐獅子牡丹」5.13bの繋げ物である以上、
「唐獅子牡丹」5.13bより3グレードも難しくなることは無いと思うのです。
だから僕としては、ロマンを込めて5.13dが妥当なグレードだと思いたいです。
copyright © 2024 Powered By FC2ブログ allrights reserved.