一生懸命岩登攀
I climb the rock hard
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
今年初の小川山お泊りクライミング(続き)
2日目は空模様が心配だったので近場の弟岩にしました。
以前に1度だけ見に来た事があるだけで、登るのは初めてです。
だいぶ川の近くの為か、岩の下部が湿気っぽいです。

クリフの講習会とカブってしまったのですが、早々に移動してくれて貸し切り状態。



○「下積み生活 5.10c」マスターオンサイト

2ピン目までが核心。湿気っているので慎重に登りましょう。



○「もうじきバカボン 5.10c」フラッシュ

これも2ピン目までが核心かな。



○「ケンタウルス伝説 5.10b」フラッシュ(マスター)

長くてガバガバで高度感もあって、楽しいルートでした。



◎「屋根の上のバイオリン弾き 5.11b」マスターオンサイト(?)

「ケンタウルス伝説」と共有の出だしから右上し2か所のハング越え。
核心は後者のハング。と100岩場に書いてある。

僕はこのハングを左から攻めて終了点へ。
「やったー!」とマスターオンサイトを喜んだけど、下降時に1つ使わなかったボルトがある事に気づく。(オブザベーションでは見えなかった)

そのボルトは僕が最後にクリップしたボルトと終了点との間にあるのだけど、僕が登ったラインで正解からだとすると明らかに不自然に右に振った位置にあって、仮にボルトに沿ったラインで登るのだとすると、最期のハングは左下から右上に攻めなければならず、とても5.11bのグレードじゃない。
そもそも100岩場に掲載されているトポとはボルトの数からして一致していないので、どうにも判断し難いです。
またまた恐縮ですが、詳細をご存じでしたら教えてください。m(_ _)m


それからこのルートですが、1つ目のハングに打たれているボルトの何本かが楔ごと1センチくらい飛び出てます。そのうちの1本は手で揺するとグラグラ。ヘビークライマー”きん”さんのブログを拝見したら、既に5年前から同じ状態みたいです。
登る人はこの辺では落ちない様にしましょう。


その後、僕はクリップしなかったボルトがあった事に納得できなかったので2便目を出し、最期のハングは左からそのまま終了点に行かず、わざわざフェイス部分を右に飛び出してから謎のボルトにクリップ。そして終了点へ。
いちおう納得。でも「あー、不自然だ」

2日間のまとめ。

・いろいろあるけど、それでも小川山は楽しい。
・アリマスさん、宴会ごちそうさまでした。


「屋根の上のバイオリン弾き」の僕
「屋根の上のバイオリン弾き」の僕
(ちっちゃくて見えないけど)

「屋根の上のバイオリン弾き」のナオキくん
「屋根の上のバイオリン弾き」を果敢に挑戦するナオキくん

(追記)
17時過ぎに岩場を後にし、車に戻りました。
アリマス家はもう1泊なので、昨夜の宴会のお礼をして別れました。


帰りの中央道は渋滞必至なのでチンタラ帰る事に。

「たかねの湯」で入浴。初めて利用したけどちゃんと温泉でした。なかなか◎。

食事は須玉IC手前の「中華料理 万福楼」で。この店も初めての利用。僕とオオイワさんはラーメン付きの定食を注文。イワサキ王子は味噌ラーメンと餃子ライス。定食の料理はなかなかのボリュームの上、ラーメンが普通に1人前(半ラーメンかと思ってた)で、40過ぎのオッサン達のオナカには多過ぎでした(2人とも完食したけど)。オナカいっぱい食べたい時にお勧めです。味もまあまあです。

テーマ:クライミング全般(含ボルダリング) - ジャンル:スポーツ

コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.