一生懸命岩登攀
I climb the rock hard
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
クラックの修行に近道無しを知る
2010年10月2日(土)


エンドウさんに付き合ってもらい小川山でクラックです。
5時半に久米川でエンドウさんを拾って、廻り目平キャンプ場には8時半到着。
駐車場でクリフ絡みで知り合ったヤマモトさんとイマイさんに会いました。ハコヤ岩に行くと言ってたので便乗も検討。

まずはクリフ講習会で登った事があるバードウォッチングロックの予定。その時は「オオルリ」と「きびたき」をトップロープ。


○オオルリ 5.9 RP
もうこのグレードなら大丈夫かな。

×××きびたき 5.10c
テン山どころか、ほとんどエイドクライミングでトップアウト。
かなり凹んだ。


まだ僕に「きびたき」は無理っぽいので、登れるルートを求めてハコヤ岩に移動。
初めてのエリアでルートがよく分からずに迷っていたら、上からヤマモトさんとイマイさんが下降してきた。お二人がやっていたのが「冬のいざない」。
面白そうなので僕らも同じルートを挑戦。本当は3Pのルートだけど3P目は登っても面白くないというイマイさんのアドバイスで1~2Pのみで。


冬のいざない 1P:5.9~2P:5.10c
1Pは簡単そうなので僕がトップで登らせてもらいました。自分としては特に問題なく終了点へ。でもフォローで上がってきたエンドウさんからNPについて1箇所チェックが入った(汗)。

2Pはエンドウさん。核心のムーブにかなり手こずりながらも果敢に攻めてトップアウト。
続いて僕も、と思っていたけど時間の都合で本日終了。
便数的にかなり物足りないけど、仕方ないか。
「きびたき」で時間を使い過ぎっちゃったなー。


本日の気づき
まだまだ修行中の身なんだから、自分のレベルに合ったグレードを登らないと時間がもったいないという事に気づく。


きびたき、オオルリ
右が「オオルリ」、左が「きびたき」

「きびたき」エンドウさん
「きびたき」を登るエンドウさん

メモ
ハコヤ岩へのアプローチは、帰りが30分だったから、行きは40分くらいかな。

テーマ:クライミング全般(含ボルダリング) - ジャンル:スポーツ

コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.