一生懸命岩登攀
I climb the rock hard
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
カサメリ沢
(2009年6月7日・瑞牆山(みずがきやま)・カサメリ沢)
(続き)

宿題が終わったので、コセロックの奥にあるコロッセオに移動しました。
(ここはメインの壁へのアプローチが分かりづらいです)

長いルートが登りたくて「真実の口 5.10d」のトライです。
オブザベーションではひたすら直上に見えたけど、実際には岩の弱点を探しながら登ります。
迷いながら登っていると、ルートが長いだけに腕がパンプしてきます。自分も途中で心が折れそうになり、危うくテンションしそうになりました。
ロープは60メートルが必要です。
真実の口
「真実の口」を登るエンドウさん


腕がパンパンにパンプしてしまい、コロッセオの高グレードのルートは登れそうになので、次はオランジュ岩に移動しました。
ここでは「はるな 5.11b」にトライしました。
1ピン目がかなり遠いところにあるけど、5.7くらいのアプローチなので問題はありません。
実質2ピン目からがスタート。クラックをレイバックで登り、4ピン目付近の中途半端なフレークを取るところにムーブがあります。1つ目の核心です。最初はそれが分からずレイバックで行ったら、クラックの甘くなったところで手がすっぽ抜けてフォール。しばしハングドッグした後、ムーブが解決でき、このパートは抜けられました。
前のパートのフレークに立ちこんだら左上するんですが、この時にやや遠いところにある傾斜のある甘いカチが悪いです。これに両手をマッチして体を引き上げなければならくて、でもスタンスが悪くて体を上げられません。しかも足元に前のヌンチャクがあるからすごい怖い!
自分はどうしてもこのパートが出来なくて、仕方なくヌンチャクで作った鐙(あぶみ)を使って抜けました。
完全に敗退です。
次回トライしても出来る気がしないな~。
はるな


パートナーのエンドウさんは腕のパンプが抜けず、もうオナカいっぱいとの事なので、そろそろ撤収。
でも懲りない自分は、車に戻る道の途中にあるエレファントロックに面白そうなルートを見つけ、ついつい触ってしまいました。「ぞうりむし 5.11a」という変な名前のルートです。登る前は平気かと思ってたけど、やっぱり自分の腕もかなり疲労してまっした。途中のハングを乗り越すところで力尽きてしまいフォール。フレッシュな状態だったら問題なかったと思うんだけど、それは言い訳ですね。オンサイトを逃してもったいなかったです。

今回はコセロックから奥のエリアをいくつか登りましたが、グレードが辛めかなと思います。
でもそれを踏まえて登れば、バリエーションがあって面白いルートが多いので楽しいですよ。
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.