一生懸命岩登攀
I climb the rock hard (開店休業中)
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3月22日、無題
3月22日、無題


3月6日に二子山へ向かう途中でスピード違反でネズミ取りに捕まりました。そして今日はその行政処分のために所轄の簡易裁判所に行ってきました。
受付開始の9時前で既に20人程に人が集まっていて広くもない待合室は満席です。
その後、警察官が事前に今日の手続きの流れを説明した後、9時を迎えて受付開始。
窓口で違反で捕まった時に渡された赤切符を提出し、引き換えに受付番号票を受け取りました。ちなみに僕の受付番号はラッキー7でした。ってこんな所に来ている時点で全然ラッキーじゃないって…。
受付後、9時20分頃に自分の番号が呼び出され警察官の取り調べ室へ。といっても5人程がまとめて呼び出されて部屋に入り、長机に座った警察官の前に各々が座り、通り一辺倒なやり取り(本人確認や違反内容の確認。自分の処分に異存がなければ書類に署名と捺印で警察官の取り調べは終了。ちなみに、捺印の印鑑はシャチハタでなければ三文判でオッケー。しかし免許証と印影の名字が異なっているのはダメなので名字が異字体の人とかは注意です。
続いてが検察官の取り調べ。ここでも通り一辺倒の質疑応答が行われます。ただ警察官の取り調べの時よりも簡略されていて、僅か1分足らずで終了です。
暫く時間が空いて、10時10分に裁判結果の通告。
といっても略式での裁判を認めているので書類を交付されるだけの事で、その書類というのも受付時に提出した赤切符に各追記・捺印がされたものです。
そして罰金の納付を済ませて本日のお勤め終了。
大体、今日の簡易裁判に費やした時間は1時間半くらいでした。でも僕は早めの受付番号をとれたからそれで済んだけど、番号の最後の方は50番台までいってたので遅い人だと3時間くらいかかったのかもしれません。

今回のような交通違反の出頭は、原則、決められた日時に出頭しなければならず(お役所なので勿論平日)、普通の会社勤めの人なら仕事を休まなければ行く事ができません。交通違反で捕まる事は、時間もお金も大変もったいない事だと痛感した経験でした。

ちなみに各都道府県警察では交通取り締まり計画をHPや新聞で公開しているそうです(全てでは無い)。参考までに。

ちなみにちなみに、今日は行政処分が為されただけで、免停の講習はまた後日となります。
あー、めんどくさい…。
コメント
コメント
Re:補足説明
おつとめご苦労様です。ちょっと補正ですが、罰金は刑事処分。免停が行政処分にあたるかと記憶してます。私も免停短縮講習会で知りました。免許引き渡しに1回。確かその帰りに映画「007、失われたライセンス」を見たような記憶が。そこで初めて免停短縮講習会の日にち(もちろん平日変更不可)を知り、講習会に免停30日なら1日。免停60日なら2日の講習。確か、それも結構なお値段していて、しかもテストがあるんですよね。テストをパスしないと短縮されない。さらに免許引き取りに1日(これも平日変更不可)。合計4日会社を休んだような記憶があります。私は2階級特進だったので免停60日でした(苦笑)。めげずにがんばってください。
2011/03/24(木) 18:29:36 | URL | ヘビークライマーきん #qjI9g5I2 [ 編集 ]
>ヘビークライマーきん

どーもです。
コメント補足をありがとうございました。

実は僕も免停経験者なのでした。
まだ20歳くらいの時にバイクで…。

めげずに頑張ります。
2011/03/24(木) 22:06:06 | URL | H本 #JalddpaA [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。