一生懸命岩登攀
I climb the rock hard
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
まあ、こんなもんでしょ in 甲府幕岩
2011年8月28日(日)

with Y田さん、K保さん、B和さん


中1週をおいての外岩。
Y田さん達に混ぜてもらっての甲府幕岩でした。

到着時の朝一は、手前から奥のエリアまで全面ビッショリ。
さぁー、どうしようか?とお互いに口にはするものの、結局誰も他への転進を言い出さず。

1.
○イエローマウンテン(マスター)
それならば、ってんで自分は何でもいいから登りたくて、まだ下部がビショビショで2グレードUPな感じの。

2.
×ジューンブライド
昼前からこの辺のエリアから乾き出しました。
すごく久しぶりにこのルートを登ったんだけど、ぜんぜんホールドを覚えてなくて、テンション入れてしまいました。


3.
×ジューンブライド
悔しいからもう1便。でもまたテン…。
凹んだ…。

どうも最近感じてる事、外岩へのモチベーションは落ちてないんだけど、体の感覚がついてきていない気がします。
メンタルよわよわ。


話は変わって、
豊穣の森エリア、ピリカの終了点真上のルーフにスズメバチの巣が出来てます。
まだバレーボールより2回り小さいくらいの大きさだけど、これから秋に向けて大きくなっちゃうのかな。

そのスズメバチの巣に隣接するルート「甲府の軟派師」をトライしている命知らずの人達。誰かと思えばお知り合いのSモトさん。
どうもスズメバチの活性が低いようで、特に登るのには支障ないみたい。


4.
×ダーティークライマーズ(マスター)
終了点手前2本目のボルト(ケミカル)に2枚の残置カラビナが。そのせいで自分のヌンチャクをボルトにセット出来ず。
なんとか1枚はずしてヌンチャクをボルトにかけたかったんだけど、2枚のカラビナが若干埋没し気味のボルトに食い込んでしまっていて、どうしても外れず。しかたなく残置カラビナにヌンチャクを直接セット。
この無駄な頑張りのせいで結構パンプしてしまい、さらに万が一そのボルトで落ちて残置カラビナが破断したらとの思いがよぎると、思い切ってそこから先に行くことが出来ずにテンション。

とりあえずトップアウトしたものの、次便を出す気にならずに回収。

なんでビナが2枚もあるだろう。後になって考えてみました。
1枚はオーバルのビナで明らかに敗退用。そしてもう1枚は、恐らくヌンチャクのハンガー側のビナ。たぶん回収時に外れなくなってしまい、残置したものと思われます。
余裕が無いハンガーに残置ビナがある時は、ヌンチャクをセットの仕方を考えましょうよ。

5.
○ダーティークライマーズ(マスター) RP
納得いかないので、やっぱりもう1便。
前便で不安に感じたボルトの処理も、その先のムーブに不安がなければ無難にスルー。
何だよ、ボルトのトラブルが無ければオンサイト出来たじゃん。
でも、そのトラブルに即座に対処できないのは、地力の無さなんだろうなー。
未熟者です。


本日のまとめ
・到着時の状況だととても登れなさそうだったので転進も考えたど、Y田さんがチェックしたツブヤキでは小川山は朝から降雨ありとの情報。結果的に移動しなくてよかった。クライミングも情報戦ですね。
・小川山やミズガキからの転進組が何組か来ました。皆さん、そこそこ登れたみたいでよかったですね。
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.