一生懸命岩登攀
I climb the rock hard
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
シャンクを見たくて分解してみた
以前から気になっていた事を確認したくて実行しました。

確認したかった事
・クライミングシューズのシャンク(ミッドソール)ってどうなってるの?
です。

実験台は手元にある、お役御免になったスポルティバのミウラとベノム。
共にリソールを繰り返し、つま先に穴が空き、アッパーもヨレヨレ。
十分に元を取った靴ですので、最期にフィナーレを飾りましょう。


まずはミウラから。
ミウラ分解前1
すっごくヨレヨレ。使い倒したミウラ。

ミウラ分解前2
つま先にも穴が。


捲れてきたソールの隙間にマイナスドライバーとペンチを突っ込んでメリメリと引き剥がそうとしました。しかし思うように剥がれません。そりゃそうか、あれだけ岩場で酷使してもそうそう壊れないんだからな。
なかなか剥がれないソールに面倒くさくなって作戦変更。ニッパーでジョキジョキと切断しました。

ようやく見えてきました。
ふむふむ、これがミウラのシャンクか。
プラ板みたいな物かと思ってたけど、グラスファイバーを接着剤で固めたような物で、触って見ると結構固い。
これがミウラも剛性を保つ要だったんですね。

ミウラ分解後
白いのがシャンク?

お次はベノム。

ベノム分解前1
こちらがベノム。

ベノム分解前2
つま先の穴は本体を貫通してます。

こっちはシャンクは入っていないとも聞いてましたが。
ミウラと比べるとかなり薄いけど、ちゃんと入ってました。

ベノム分解後


普段買う時には「クライミングシューズって高いよなー」って思うけど、今回分解(破壊?)したスプルティバに関しては、その作り込みの良さを再認識。そう考えると適正価格とも言えるけど、昨今の円高からするともう少し安くなって欲しいです。
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.