一生懸命岩登攀
I climb the rock hard
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
働け!ロッククライマー in 小川山
2011年10月8日~9日(土、日)

with A益ファミリー、イガコ


この連休は小川山でした。

土曜の早朝、イガコを拾って中央道へ。
朝の渋滞をかわして順調に廻り目平に到着。前夜入りしているA益ファミリーと合流しました。
(といっても初日の岩場は別行動)
僕はソラマメスラブ方面へ。


1.
○やわらかソラマメ
ウォーミングアップ。

2.
○ソラマメ
ウォーミングアップ、その2。

3.
○ソラマメハング 5.10c
ウォーミングアップ、その3。



4.
×働け!ロッククライマー 5.12b

さてさて、得意系と思ってやり始めたのにメチャクチャ大苦戦中のこのルート。
やればやる程、自分には登れないんじゃないか、と自分の中の弱虫が…(汗)

今日のRP狙いに万全を期そうと思い、ヌンチャクかけ便を省略するため懸垂下降でヌンチャクをセット。
(でも下降開始の位置が悪かったようで、これが意外とやりにくくって結構疲れちゃいました)

1便目
核心を突破して5ピン目までノーテン。しかし最後のカンテ取りでフォール。
核心前までほぼ自動化しているとはいえ、2週ぶりだとそれなりにロスがあってパンプしてしまった。


5.
×働け!ロッククライマー 5.12b

2便目
核心のムーブ、右足キョンを滑らせてフォール。
なんだよーーーーー!

再度ムーブを確認。
うん、やっぱり出来る。テンション入ると確実に出来るんだけど、このムーブだと確かに余計な力を使っている気はする。
何かが違うのかなー、と何気なく足位置を変えてみた。自分としては核心最初の1手が不安定な体勢になりそうで、この足は無いなと思って試した事のない場所。まぁ、ここまで煮詰まったからには試してみますか。
試してみると右足キョンが効いているせいか1手目の縦ホールドが無理なく取れる。そしてそれまでデッド気味だった次手もスタティックに保持。
あー、これが正解ムーブだったのか。


6.
◎働け!ロッククライマー 5.12b RP

3便目
この期におよんで修正した核心ムーブで難なくRP。


本日のまとめ
・常々あまりハングドッグはしない性質で、「まぁこんなもんでしょう」というムーブを決めるとそれで突き通してます。だから今回のように、実はもっと良いムーブがある場合なんかは、それに気づくまでドハマりすることも。ムーブ解決能力が低すぎますね。もっと頭を使わなくちゃ。



2日目はA益ファミリーに同行して、最高ルーフの岩峰へ。
途中、道に迷ってタヌキ岩というところに出てしまいました。
そこには「とろろ」というカッコいいルートがあって、これはいつか登ってみたいと思いました。でも登る前にパートナー核心かも。

何とか辿り着いた最高ルーフの岩峰。
A益父母が最高ルーフに取りついている間、自分達は隣の岩にあるスラブを。
「最高ルーフ」は小川山でも有名なクラックだけど、その隣のスラブとなるとそんなには登られていないようで、苔や岩茸がビッシリ。そしてルートはランナウトしてるしで、怖い怖い。
「白糸」と「山窩物語」の2本をやったけど、どっちもビビリの1テン。
クラックは「ファンファンファン」(1ピッチだけ)でラインに迷ってテンション。
「笠間のピンキー」はムーブに迷ってテンション。

結局、1つも完登してないです(泣笑)
でもスラブとクラックに関しては、なぜか登れなくても全然悔しくないのです。トップアウトできるだけで結構満足できちゃう(笑)



今シーズン、泊まりでの小川山はこれが最後(たぶん)
8月9月と週末に天気が悪い事が多く、思う存分とまでは登れなかったけど、登りたかった2本のルートはRPできたので満足できました。
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.