一生懸命岩登攀
I climb the rock hard
201703<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201705
南の島でボルダリング(Hawaii Waimea Bay)
2012年5月2日、3日


3月初旬、
「今年のゴールデンウィークはハワイです」
と奥さんに宣言されました。
毎週末、外岩三昧の自分が
「俺は例年通りにゴールデンウィークは小川山だ!」
と突っぱねるとが出来る訳もありません。
という訳で、GWはクライミングと全く関係ないハワイ旅行が決定しました。

しかし、GWの予定決定直後に発売されたROCK&SNOWの55号で、
ジャック中根さんによる「ハワイでボルダリング」のコラムがあり、ハワイ(オアフ島)でもクライミングが出来る事を知りました。
エリアは何か所かあって、その中でも最も行き易そうなのが、ワイメアベイビーチパーク(Waimea Bay Beach Park)でした。
海水浴が出来る砂浜の中に、なかなか良さ気なボルダーがあるじゃありませんか!

奥様にはノースショアで海水浴と連れ出し、偶然そこにボルダーがあって、偶然クライミングシューズも持ってきていて…。
完璧な作戦!


(旅行記的な事は書いてもつまらないので省略)


ワイキキでレンタカーを借りてノースショアへ出発。
オアフ島を縦断するハイウェイがあるので、ワイキキからノースショアにあるワイメアベイビーチパークまでは1時間もかかりません。(もちろん制限速度を順守)
公園の駐車場に車を停めて、いざビーチへ。
するとクライマーなら直ぐにそれと気づくチョーク後の付いたボルダーが目に入ります。誰が行っても必ず分かると思います。


ボルダーでは既にローカルの人たちが登っていました。
自分も適当にアップをして、目ぼしい課題にトライ開始。


Crocodile - V2
久しぶりの外岩ボルダー。高さにビビるも1撃。


Finger Machine Traverse - V2
手順を間違えてオンサイト失敗。
2回目で完登。


Bird Cage - V3
地元クライマーに限定を教えてもらう。
2撃。


Crazy Box - V3
この課題は落ちると下に岩があるので、慎重にトライした結果、便数がかかってしまった。
かつ、地元クライマーが教えてくれた手順が出来なくて。
結局自分でムーブ解決しての完登。
と思ったら、トポには、
「Top it out directly without traversing left for a challenge.」
と書いてあった。トップアウトは直上しろって事らしい。
自分は核心を抜けてマントルを返した後、「traversing left」してしまった。
英語を嫌がらずに良く読んでおけばよかった。時間も無いのでリピートはしなかった。


Dub Step - V5
これも便数打ちました。
でも結局核心を越えられずに時間切れ。
ボルダーもこういうのが登れたら面白いだろうなー、という課題でした。


その他にもいくつか手をつけて、登れたり登れなかったり。
2日間で計6時間ほどのトライでしたが、異国の地でのクライミング。
十分楽しむ事ができました。


ワイメアのまとめ
・このエリアを選んだ理由の1つが、一部を除いて、大体の課題は下地が砂ということ。
・なので自分はマット無しで登ってました。(あるのに越した事は無いですが)
・トポではVグレード表記ですが、段級に換算すると、まあまま適正な数字だと思いました。
・岩質は日本の城ケ崎みたいでした。そして海辺の岩特有の潮っぽい感も。
・もちろん暑いです!
・トポはロクスノでも紹介していた、ここ(http://waimeabaybouldering.blogspot.jp/)を参考にしました。

Waimea Bay Boulder
Waimea Bay Boulder

結構高いです
アップで登った課題をトップアウト。結構高いです。

Finger Machine Traverse - V2
Finger Machine Traverse - V2

Crazy Box - V3
Crazy Box - V3

Dub Step - V5
Dub Step - V5

Dub Step 完登ならず無念!
Dub Step 完登ならず無念!
コメント
コメント
二次元も悪くないけど・・・
033664A5
二次元も悪くはないんだけど・・・
やっぱ、三次元っしょ
http://7t78uRix.www.ma3ji.mobi/7t78uRix/
2012/05/11(金) 03:26:51 | URL | ふじょ #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.