一生懸命岩登攀
I climb the rock hard
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
ソラマメハング・スーパー
(2009年9月13日・小川山/ソラマメスラブ)

ソラマメハング・スーパー
ソラマメハング・スーパー


ウォーミングアップを終え、本日の僕とイワサキ王子の狙いは「ソラマメハング・スーパー 5.11d」です。
僕は過去に2度くらい、他人がトライしているのをチラ見した事がある程度で、ほぼオンサイトトライとなるルートです。

ただ今回はイワサキ王子がウォーミングアップで「ソラマメハング」登った下降時に、ヌンチャクをセット済みなので多少は気持ちが楽でした。


今回は僕の備忘録的にムーブについても書きます。
完全オンサイト狙いなら読み飛ばしてください。

1便目(オンサイトトライ)
ハング下からの出だしとなります。

1ピン目はハング下から離陸する前にクリップできます。

2ピン目はリーチにもよりますが、身長165cmの自分でもハング下奥のフレークっぽいカチを使って、離陸前にクリップできました。
離陸前に2ピン目までをクリップできると、だいぶ安心感が違います。

実質の1手目、ハング下の丸っこいガバを右手で持ち、左手でハング左角のガバをラップ持ちで取りに行きます。

両足離陸し、右足をフェイスまで持ち上げヒールをかけます。この時右足は右手よりも上になります。

次に右手をハングふちのカチに移動(力で耐える)。
この後、僕は左足を右手で持っていた丸ガバにかけましたが、イワサキ王子は丸ガバ付近のくぼみにヒールフックしていて、その方が安定しているように思えました。

右のヒールを解除し、つま先をクラックにねじ込みます。(ねじ込むというよりは、クラックにひっかける感じ)

右手を左カンテ際のアマガバにデッドで飛ばす。
そして左手を左カンテ奥のガバへ。

この後は左カンテ側のホールドを駆使して、右フェイスに出るのが設定だと思うのですが、
カンテとその左側のホールドだけで直登もできるみたいです。
ボルトの位置からだけでは微妙は判断となりますが、5.11dというグレードを加味した個人の見解にもよりますか。

僕の判断だとこのルートの核心は、2ピン目ハングから抜けた後と、3ピン目左カンテから右フェイスに出るところだと思います。

3ピン目から先はガバガバゾーンなのですが、終了点までの間には4ピン目のボルトが1つあるだけで、核心で疲れ切った体だと結構恐怖なので侮れません。

結局僕の1便目は、ハング抜け口から抜けた後で2テンくらいして終了点へ。


2便目
ハング下から出るのに苦戦してしまい、テンション。1便目で意外とあっさり出来てしまったのが裏目になりました。
悔しいので、その場ですぐに下りて再トライ。


3便目
ムーブは出来ているはずだったのですが、明らかにパワー系のこのルートに力を吸われた腕に力が入らず3ピン目に届かずフォール。そして回収。
次回への宿題となってしまいました。


以下、僕とイワサキ王子の言い訳。
ホールドとムーブは分かったので、フレッシュは状態でトライすれば次回は登れる!

でした(笑)。


コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.