一生懸命岩登攀
I climb the rock hard
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
カサブランカ
(2009年10月10日・小川山/妹岩)

今日はエンドウさんと小川山でした。
天気は時折霰が降ってくる、いまいちなコンディションでした。

エンドウさんにお願いして、クラックを登らせてもらいました。
クラックは過去に数回トップロープで登った事がある程度です。
・小川山レイバック
 →ほとんどレイバックとステミングで登りました(笑)
・クレイジージャム
 →大テン盛りで泣きたくなりました。(涙)
・バナナクラック
 →思い出したくもありません。(激涙)

とまぁ散々たる成果でした。
そしてクロックに触るのもそれっきりとなっていたのでが、最近クライミングの幅を広げたいと思いが強まってきているのです。


ルートは妹岩の「カサブランカ 5.10a」にしてもらいました。
終了点以外は全てナチュラルプロテクションで登るクラックのルートです。

まずはエンドウさんのマスタートライ。
サクサクと危なげなくカムをキメながら登っていました。
流石、スギノスクールの常連だけあります。


次は僕の登る順番。
カムを残置してもらいリードで登るつもりだったのですが、エンドウさんからそれはNGとのお言葉。

カムの場合、ロープの引っ張り等の影響でズレてしまっている可能性もあるので、基本的にマスターでしか登らないのだそうです。
そんな訳なので、もちろんトップロープでトライしました。
もちろん、ジャミングの技術もクソもないのですが、見よう見まねのジャミングです。

前半は僕のナンチャッテジャミングでも、なんとかキメる事ができる登りやすいクラックでした。

しかし後半になるとフレアーしたクラックとなり、僕のハンドジャムの技術で登るのはとても厳しかったです。
エンドウさんのアドバイスでは、この辺はフットジャムが重要との事でしたが、僕の足が軟弱なのか、単にヘタクソなのか(確実に後者…)、フットジャムする足がアッという間に悲鳴をあげました。

手と足の痛みを堪えながら、そしてトップロープに若干引っ張られながら(汗)、なんとか終了点まで辿り着きました。


いやいや、まいりましたー。
自分ではもう少し登れると思っていたのに、全然ダメダメでした。

でも確実にクラックは面白いです。
これから少しずつ練習していこうと思います。

カサブランカ
妹岩のカサブランク 5.10a
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.