一生懸命岩登攀
I climb the rock hard (開店休業中)
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
心構え(自分への備忘録)
フリークライミングを始めたのが2006年、37歳の5月でした。
始めたといっても、フィットネスクラブに併設された壁で、
面は狭く、傾斜はド垂壁。しかもトップロープ限定。

所詮、フィットネスクラブのオマケに作られた、今思えば非常にショボい壁でした。
でも当時の自分にはその壁がフリークライミングの全てでもありました。

そんな環境の中でも、それなりに実力を上げ、多少なりとも外岩での経験も積み上げた中、
ある時思ったのが、この環境のままでは今以上の高みは望めない事。

フィットネスクラブからクライミングジムに乗り換え、
徐々に外岩での知り合いも増え、何だかんだといいながらも毎週外岩に行けるまでの状況に至りました。


自分は今年で44歳。
フリークライミングを始めて6年が過ぎました。

これまでは割と★印には拘らず、
自分が気なったルートをトコトン登りこんでいましたが、

ある時ある人から「王道を登っておきなさい」と言われたました。

確かに、これから先の自分の体力がどれだけ維持し続けられるか、
その間に、最大値でトライできるルートはどのくらあるだろうか。

これからの限られた時間を踏まえ、
後になって「あの時あれをやっておけばよかった」
と後悔したくは無いな。

我ながら頑固者を自負しているけど、この事については妙に納得してしまいました。

まずは「王道」。
もちろんその間にも★印無しのシブいルートはやるけど、

やれるうちは「とびっきり」のルートを登りたい。
そのためには、今の自分に足らない事を考え、限られた時間の中でを最大限に拘って登りたい。

雑音や煩わしい事も多々あるだろうけど、限られた中での最大限の満足を目指して、
これからも登り続けたいと思います。




酒が入ると言葉が長くなっていかんね。
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。