一生懸命岩登攀
I climb the rock hard (開店休業中)
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ウェーブ
(2009年10月11日・聖人岩)

今日はイワサキ王子とエンドウさんとで聖人岩に行きました。
僕にとっては、今年の春に「モモンガキッド 5.11b」を登りに来て以来の聖人岩です。

岩場に到着して、僕は特に狙いのルートが決まっていなかったので「ピクルス 5.12b」でもやろうかと思って、オブザベーションをしていいたのですが、前傾壁のボルダームーブ全開のルートは、見れば見る程に心が萎えます。


イワサキ王子が宿題となってる「モモンガキッド 5.11b」のトライを始めたので、僕も便乗して派生ルートの「ウェーブ 5.12a」をトライする事にしました。
このルートは「モモンガキッド 5.11b」の3ピン目から右にトラバースして「合掌 5.11c」の2ピン目から合流するルートです。


「ウェーブ 5.12a」1便目
一応「モモンガキッド」は完登しているので序盤のパートはクリアできたけど、出だしからパワフルなムーブにすっかり力を吸われてしまいました。

3ピン目上のカンテガバからトラバースのパートとなる4ピン目にヌンチャクをセット&クリップ。ここから先は未知の世界。ホールドはガバみたいだけど、壁は前傾してるしスタンスも甘そうです。
とりあえず策もなく突っ込んでみたけど、ホールドとスタンスのバランスが悪くて敢え無くフォール。
その後いろいろ探ったけど、有効なムーブを見つけらないまま、先に抜ける事にしました。

トラバースのパートを抜けるて「合掌」に合流です。出だしこそガバだけど、そこから先はカチをつないで登るルートみたいです。僕はホールドを見つけるのに手間取り、ここで力尽きてしまいました。


トラバースのパートが解決出来ていないけど、「合掌」のパートだけでもなんとかしようと思い、こっちのルートを単独でトライすることにしました。

「合掌 5.11c」1便目
っていうかー、何処からがスタートがなのかよくわかんないしー(ギャル風)

素直に1ピン目の直下から登りだすのが正解なのでしょうが、何処からスタートしたらいいのかがはっきりせず、しかも下部の岩の上に立つと「ウェーブ」との合流地点である2ピン目にもクリップ出来しまった事もあって、まぁ目標は「ウェーブ」なので、実質2ピン目からスタートすることにしました。
2~3ピンの中間やや左にトポには無いボルトがあるのですが、トポ上の2~3ピン間がランナウトして怖かったので、このボルトも使わせてもらいました。

各所でテンションしてホールドを確認しながらの登りでした。思った通りカチがメインのルートでした。でもホールドの具合が分かってしまえば何とかなりそうです。


「合掌 5.11c」2便目(疑惑のスタートバージョン)
1便目と同じ、疑惑の2ピン目ガバからのスタートです。
確認したホールドをつないで順調に登り終了点へ。スタートが疑惑なので完登と言うのは控えます。

※「合掌 5.11c」の正確な情報をご存じな方がいらっしゃいましたらコメントください。宜しくお願いします。


さてさて、「合掌」のパートは解決できたので「ウェーブ」に再トライです。
こうなると核心は解決できていないトラバースのパートと言うことになります。

「ウェーブ 5.12a」2便目

「モモンガキッド」のパートをこなし、核心のトラバースのパートへ。
右手で縦ホールドを取り、さらにポケットに飛ばし、あまり良くないスタンスを使って何とか次のガバへ。
という思いで突っ込んだのですが、右手2本指がポケットに耐えられずテンション。(指痛し…)

結局この便もトラバースのパートを解決できずに、本日タイムアップ。

宿題となってしまいました。
でも次回来ても登れる気がしないなー。
でも登りたいなー。


本日の成果。
イワサキ王子が「モモンガキッド」と「ルミちゃんは気が早い」を2本の5.11を完登。
おめでとう!
(「ルミちゃんは気が早い」は5.10c→5.11aに格上げになったらしいです)


イワサキ王子、モモンガキッド完登
イワサキ王子、モモンガキッド完登


ウェーブの核心で落ちる私
ウェーブの核心で落ちる私
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。