一生懸命岩登攀
I climb the rock hard
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
スパイダーマン 2014年2月23日(日)
先週までの2週続けての大雪。
交通事情等々の都合で二子へは行くに行けません。

西の方の岩場は所沢からだと遠いから余り気が進まないのですが、外岩クライミングしたい!の鬱憤が溜まっていたので、比較的近い湯河原幕岩へ行くべく、パートナー探し。なかなか見つからずに諦めかけていたところに、友達の友達つながりのUさんが付き合ってくれることになりました。

湯河原駅でUさんをピップアップして早速ユガマクへ。

途中のコンビニでは「元」二子越冬クライマー(笑)のササキングに遭遇。ユガマク情報ありがとうございました。

実は、ユガマクに来るのは今回が3回目。
初めてきたのが2008年、まだ5.11が登れたり登れなかったりの頃で、シャクシャインを1撃やダイヤモンドヒップを2撃で大喜びしてました。ちなみにダイヤモンドヘッドはド敗退だったな。その時のユガマクは梅の咲く中、小雪が舞い散る寒い日でした。
次に来たのが2011年。ユガマク到着早々に雨。悔しくて無理やりビショビショのダイヤモンドヘッドを1便だけ。もちろんRPは出来なかったけど、それでもトップアウトできたことに自分の成長を感じたり。
まぁとにかく天候に関しては良い印象の無い岩場なのです。

今回も曇りで寒そうな天気予報でした。しかし駐車場についてみると思いのほか寒くない。ってか二子に比べれば全然寒くない(当たり前か)。
常日頃、「二子の弓状は晴れていれば冬でも暖かいよ」を風潮しているのですが、ユガマクは晴れてなくても寒くなかった!すばらしー(笑)


前回来たときは閉鎖されて登れなかった正面壁に行きました。

ウォーミングアップは左の端っこにあった5.10aを2本。

そして今日のお題は「スパイダーマン」

先に登ってらした方のQDを借りて早速の1便目。
お買い得な話も聞いていたので、あわよくばオンサイト、と狙ったのですが、久しぶりの垂壁カチ+カンテのムーブにハマりました。
2テンでトップアウト。

2便目。
前便でのムーブの詰めが甘く。前便と同じところで2テン。ちっ!

3便目
前便で固めたムーブ+現場処理を交えてなんとかRP。
おもしろかったー。


スパイダーマンの途中で、Uさんがトライしていた「かずえちゃん・としおちゃん」という5.10dを登られてもらいまいた。
これもまたおもしろいルートでした。


本日のまとめ
・所謂古風なルート。ものすごく難しいムーブは無いけど侮れません。でも面白い。
・ルートの限定は特にないと思うけど、カンテの右側に出ないってくらいか。まぁそこまで出ちゃうとボルトから離れ過ぎてしまうし、あまりにも不自然です。
・QDの持ち主様は、いろいろとカンテを使う範囲云々の限定を吹き込まれているらしく、僕と同じラインで登ってたけど、それに疑問を感じていたようですが、僕はそのラインに不自然さを感じなかったので、オッケーだと思います。
・お強い人をカンテを使わずに登ることもあるようで、それに尾ひれがついて、カンテ限定、な話の流れになったのでは(たぶん)
・そもそもあのルートをカンテ限定のラインで登って5.12aは辛過ぎるですよ。
・Uさんも5.10dをお持ち帰りで、1dayグレード更新。おめでとうございました。
・コータローさんやピーちゃん、チビCさん。顔見知りがいて楽しかったです。
・ユガマク、なによりも曇っていても寒くない。すばらしー。


梅まつり
IMG_20140223_172208.jpg


スパイダーマン
IMG_20140223_122941.jpg
コメント
コメント
スパイダーマンあっさりでしたねぇ。
全くタイプの違うルートなのに、やっぱり二子クライマーは強いっす。当分こちらに来る用事もないですね。
2014/02/24(月) 22:37:23 | URL | ちびC #JalddpaA [ 編集 ]
Re: タイトルなし
スパイダーマンは、たまたま自分のツボにハマっただけです。
いつになったら二子が登れるようになるか分からないので、むしろ当分そっち方面に通うかもしれません。
キッドやスードラも触りたいので、それもいいかなと思っています。

> スパイダーマンあっさりでしたねぇ。
> 全くタイプの違うルートなのに、やっぱり二子クライマーは強いっす。当分こちらに来る用事もないですね。
2014/02/25(火) 00:45:48 | URL | はしもと #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.