一生懸命岩登攀
I climb the rock hard (開店休業中)
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ばんざいジャム 2015年8月15~16日(土、日)
例年この時期は諸々のイベントがあってあまりクライミングに行けません。
今年も同様、一生懸命岩登攀することができていません。

そんな感じで半月ぶりの外岩は前回同様、チームGTS(群馬、栃木、埼玉)での小川山。
砦岩前衛壁へクラックを登りに行きました。

ウォーミングアップ
・お手伝いします
ワイドクラックをやりに来たのにボルトルートがアップになるのかなと思うけど、他に適当なものが無いので。



「ばんざいジャム」
遡ること5年前。
クラックを始めたいと思って杉野クリフ講習会に参加。
その時はトップロープで登らせてもらったけど何にもさせてもらなかった苦い思い出。

去年。
久しぶりに再訪した際にはヘビクラきんさんに唆されて「ビンタマン」に手を出した後でのトライ。
ヨレヨレの核心でテンション。

そして今回、再びトライする機会に恵まれました。
1便目、思い出し便。
ムーブはそれとなく覚えているけど、核心のプロテクションが記憶の彼方。
いちおうRP狙いでトライするも、オブザベでカムの検討をつける経験値も無く、現場処理できるほどの技量も無いので、核心で敢え無くテンション。

2便目、RP。
とりあえず前便でプロテクションの段取りだけは固められたと思うので、今度こそはのRPトライ。
核心を無難に突破した後、抜け口で早めにカムを入れてしまい、いいところにジャミングを決められずに焦る。
それでも前便と違う無理やりムーブでマントリング。
最後のスラブを慎重に歩いて、足掛け5年越しのRP。

続いて、はさみ虫も登ろうと思っていたけど諸般の事情で次回のお楽しみに。

そして、以前からやってみたかったかみなり太郎(1P)。
かかっていたQDを借りてトライしました。
スラビーなパートにビビりながらも充実のRP。
いやいや小川山っぽいルートで楽しかったです。

ナカミーさん、HDKさん、KNDさん。
みんな惜しかった。次回が楽しみですねー。


夜はKNDさんの手料理とジンギスカンの食べ比べで酒宴。
猪ジン、豚ジン、イーオンの普通のジンギスカン。
豚ジンが一番人気でしたです。
それ以外にもソーセージやらハンバーグやらとタンパク質と脂質の過剰摂取。
お酒はビール、日本酒、ワインと二日酔い必至。
それでもほぼ完食完飲したみたい。(最後の方は記憶なし)

ばんざいジャム




翌日。
車中泊の自分。
暑さで目が覚めた時は既に7時。
本日も晴天模様。

みんなそこそこいい歳なので前日の疲れが…。
今日はエンクラってことで、易しめのマルチピッチ。
「あみだくじルート」というのを目指しました。

ルートの取りつきは、最高ルーフを右手に見たルンゼを詰めたところにあるのですが、
自分は前日の疲れと二日酔いで、大した距離でも無いのに足が進まず、到着時にはヘロヘロでした。

2パーティーに分かれて登攀開始。

先行は本チャン山屋のHDK組。
1ピッチ目の恐ろし気なスラブもガンガン登って行く。

KNDさんと組んだ自分は、有難くリードを譲っていただいた。
HDKさんの登りを見ていたのにも関わらず、ボルト to ボルト間に自分でセットした不安たっぷりなカムにビビりまくり。
そのままライン取りが不明瞭な2ピッチはイワタケまみれで怖かった。
3ピッチ目はオブザベをミスって巻いてしまった。
最終ピッチ。正規ラインが5.10aくらいながらプロテクションが取れない。
登り始めてすぐにビビりが入ってしまいクライムダウン。
作戦変更で若干脆そうだけど、簡単なライン取りでトップアウト。

後から確認したら、自分らが「あみだくじルート」と思って登ったラインは、バリエーションの「ロトなんちゃら」ってラインだったらしいけど、
個人的にはアルパインチックなルートに結構満足しました。
そしてトポに書かれたグレードだけじゃない色々な事にヤラれました。

早帰りのナカミーと別れ、お姫様岩へ。
しかし取りつきを見つけられないまま、たぬき岩まで来てしまいました。

「Long Long 小川山」
最近新しく引かれたラインです。
40mちょっとあるらしく、60mロープでも2回の懸垂で下降になります。
隣にある「とろろ」もそうだったけど、ここの岩は脆いですね。
今回もKNDさんがカチったホールドが弾けたり、足を置いた面がポロポロだったり。
まぁこれはこれ楽しいのだけど、怪我には気を付けて遊びましょう。


業務連絡
帰り際に荷物を整理していたら、自分のQDが1本行方不明でした。
もしかしたら、Long Long 小川山の懸垂下降で準備にテンパった時に、
セフルビレイでセットしたQDを残置しちゃったのかも。
ルートにゴミを残してしまってごめんなさい。


今回のまとめ
・チームGTSでのクライミングも宴会も楽しかったです。
・自分の近場にはクラックに付き合ってくれる人が少ないので、この繋がりも有難いです。
・クラック。スポーツルートの5.10台なら、そこそこ登れる自信がついてきたけど、
・アルパインチックなルートは5.9台でもまだまだ怖くて体が竦みます。経験値が不足してます。


コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。