一生懸命岩登攀
I climb the rock hard
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
枇杷窪沢 2017年5月27日(土)
前日の東京方面は結構な雨。
ミズガキの方はそんなに降っていない模様だし、土曜は晴れの予報なので、とりあえず行くでしょ。
しかし韮崎ICで降りて塩川ダムまでの道路が結構濡れています。
深夜から明け方の間に降ったようです。
散々通っているカサメリ沢。
この様子では岩場の状態が良くないは流石に経験的に分かってます。

ここから何処に転進するかパートナーと相談。
先週、カサメリで会った友達Hから、最近公開された枇杷窪沢の岩場の事を教えてもらい、
そこにある「Tratratra」という5.11cのルートを激しくお勧めされたのもあって、
今日はそちらへ転進。

こんなこともあろうかと、岩場を紹介しているサイトをスマホにダウンロードしておいたので、
アプローチはオンサイト。


ウォーミングアップ
To glue or not to glue
補強だらけなのはまぁ何だけど、アップには適当です。


Tratratra
友達Hのお勧めルート。
実はこの人が開拓したルート。
本人曰く、この岩場ではこのルートが一番難しい。
他に5.12が2本あるのに、この5.11cの方が難しいってどうよ。
しかも、開拓者でもある友達H以外では、
某有名インストラクターS氏と、
某有名セミプロH氏くらいしか登れていないっていうのも、
どういうグレーディングよ。

事前情報ですごくハードルを上げられてしまっているけど、
ここは頑張ってオンサイトしちゃおうかなー。
しかし3~4ピン間で選択した横引きの小ガバが根こそぎ欠けてフォール。
呆気なくオンサイト失敗。

2便目も6ピン目付近のムーブがここも結構悪くてフォール。
3便目にして渾身のRP。

このエリアの他のルートと比べて、
初登時にも今日欠けたホールドを使っていたとしても5.11cは辛いかな。
欠けた結果、そして設定ライン通りに登れば5.12aはあると思いました。
でもルートとしては面白かったですよ。

最後に
Have a sit and relax
sit and relaxしなかったけど、enjoyできました。



ルート数は少ないけど、長いルートもあるし、転進先として遊ぶには有り。
日当たりが良いので岩が濡れても乾きが早そうです。
怖しくはこら。
http://www.tozai-trek.com/ja/2017/04/biwakubosawa/
まだ脆い部分が多々あるのでビレイヤーはヘルメットした方がいいかも。
同様の理由で、人が登っている時には岩の近くにいない方がいいです。
岩のベンチを作ってくれてあるけど、そこにも欠けた岩が降ってきました。




tratratra


これがカブトガニ?

コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.