FC2ブログ
一生懸命岩登攀
I climb the rock hard
201811<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201901
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
雷火、瑞牆 2017年10月1日(日)
IMG_20171001_125846_convert_20171001225303.jpg

夏の間、状態が悪くても雷火を続けていました。
気候のせいか自分が弱いからなのか、思うような進展が得られない日が続いていましたが、
先々週からようやく花崗岩の季節になってくれました。
壁の状態が良くなったとたんに、それまで出来なかったムーブが出来るようになり、
RPが見えてきたところで、少々足踏み。

9月30日(土)
これまでこの壁に通った経験から、壁の状態が一番良くなるのは昼過ぎ頃。
今日はその時間まで我慢して、近くにあるハイボルダーにトップロープをセットしてウォーミングアップ。

結果、3便。
壁の状態は今までで一番のパリパリです。
しかし、全て最終パートのスローパーのトラバースでフォール。
これまでの最高到達点ではあるけれど、3便とも上部で落ちるとは思っていませんでした。
ショックではあるけど、改めてムーブを確認したら、まだ詰めておくべきところがありました。
詰めが甘い(いつものことながら…)

10月1日(日)
連登。
アップは今日もハイボルダーをトップロープで。

雷火
1便目
2ピン目からのガバ取りで足を滑らせてフォール。
これまでやったことのないミス。
いかんいかん。落ち着け自分。

2便目
今日も岩の状態は良好。パリパリ度合いでいえば昨日の方がパリパリだったけど、
個人的にはパリパリの中に若干の湿度を感じるくらいの方がよいので、
今日の方がベストでした。
前便のミスで、この期に及んで変更したムーブも成功し、
上部のスローパーのパートまでは行ける自信はありました。
そして最後、右手でスローパーを止めたところからは、慎重に手を進め、
ようやくのRP。


以前から登りたかった雷火。
この岩にはこのルートしかないので、自分にとってはパートナー核心でした。
でも、たまたまトライを始めた仲間がいて、それに乗っかることが出来たのはラッキーでした。

状態の悪い時期に便数を重ねてしまったせいで、ムーブが定まらない日が続いてしまいました。
結局のところ、秋になり壁の状態が良くなったから登れた。
という、いつもの花崗岩のパターンでした。

さて、次回からは、アレをやりに戻るとしますかね。
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。